2019/10/08

2019年北海道ツーリング記 その7

翌朝。

雨です。

荷物積み込んで、エレベーター乗ったら外人さんご夫妻、朝御飯に下りて来たらしい。

ドアを押さえて、乗って来られるのを待つ。

「どちらから来られましたの?」

って一応英語のようなもの(笑)で聞いてみたところ。

「フィンランド」だそうで。

霧雨に煙った、この日のお天気を...

「ワタシのお国も似たようなお天気なんだよね...」と、仰ってました。

 

まあ、それ以上の会話を続ける技量もありませんので...

"Have a nice trip" (^^; 

とか言って誤魔化しといたぜ。

でもねぇ、折角遠い国から訪れて来てる人にね。「日本に行ったら、なんか話しかける奴が居てね」...

位、持って帰ってもらいたいじゃあ無いさ。

ホテルの窓からも見えていた、ドームに寄ってみる。

北防波堤ドーム、由来を知れば、本当にここが最果てってえのを改めて実感など。

Dsc_8238

もうちょっと「絵になる」撮りかたが出来なかったのかと、後になって思いますがねぇ。

雨降って、足元も良くないし、取り回しはかったるいしで、全く様にならない絵になってるのが悲しい。

市街地を抜けると程なく海岸線を走る。

雨で視界は良くないし、何よりも風が強い。

力を抜いて乗らなきゃならん。っての頭では解っても身体がハンドルにしがみつく。

 

そして「寒い」

7月なのに、グリップヒーター ON 

Dsc_82391 

無事「最北端。宗谷岬」到達。

最北端給油所でハイオク満タン。ガイドブックい載っていた「最北端証明」なんかも貰って。

 

「風強いですねぇ・・」といったら。

「昨日はもっと・・」といわれてしまい。

「コレくらい普通の日々」と強調されてしまった。

「余所もの」であることを突きつけられた気分であった。


次はオホーツク海側へ。

| | コメント (0)

2019/10/04

2019年北海道ツーリング記 その6

稚内は駅にほど近いホテル。

町を散策してみる。天候も下り気味で、風もふいて寒い。

Img_2943 

【因みに13℃!】

持ってきたウインドブレーカーにトレーナー、全部着込んで。

アーケード街があるのだが、御多分にもれず? シャッター通りになっている。

Dsc_8231 

一目でかわってるのが「ロシア語」?書いてある。いやがおうにも最果てを実感。

そんな最果ての地でも「世界の二つ星」!

ついつい覗いてみます。

なかなかの品ぞろえ。おひざ元静岡の衰退加減を思い知る。

Dsc_8230 

その後アーケード通りでポツンと開いていた喫茶店に入ってみる。

石油ストーブ点けたにおいがしている。

 

カウンター越しに、ママさんと少しお話。

ロシア語は、ロシア人が大勢入ってきていて、中古自動車などをごっそり積み出していた時代などもあり、そういう時代に商店会で対応したらしいが、ずいぶんと昔のことである。

とか、稚内の行政管轄は旭川なので、運転免許の新規取得などは旭川まで出向くことになり、下手すると1日仕事では終わらないこと。

など、土地の広さとか、地方の不便さとか感じること多々。

 

コンビニでビールかって帰宿。

Dsc_8235

Img_2939 

明日は「最北端」宗谷岬だ。

 

| | コメント (0)

2019年北海道ツーリング記 その5

今回の北海道・・・

観光的にあそこに行こう、ここに行こう。なんてのは全くなかったので、最初に往復のフェリーを予約してはみたものの無計画なままに、日にちは過ぎて。

 

せっかくの北海道、ありきたりの観光施設ではなく、北海道ながらの道路を走ろう。

と、いうのを趣旨にした。

なので、小樽に上陸後は「最北端」をめざして北上。日本海を左手にしながら進む。

遮るものがなく、左側からずっと受ける横風。変わらない景色のなかを淡々と進む。

 

信号もないし、そもそも交通量が劇的に少ないので、クルーズコントロールがとっても有用。へたな高速道路なんか比じゃない。

 

Img_2930_20191003115001

 

上述のように、今回の「趣旨」てえのはないのだが、北海道で為しておきたかったことが一つ。

 

「雲丹」

普段頻繁に食べるものでもないが、どっちかというと「避けている」おいしいのは産地にしかない、って思いこんじゃってるので、この機会に・・

稚内のお店。「ライダー歓迎」ってスタンドの敷板が用意してあったりしますが・・・

駐車場は未舗装・・・こういう時「重い車両」ちょっとつらい。

絶対に倒せない!と 冷や汗、滝汗かきながら、地面の状況が良さそうなところを探して停める。

Dsc_8224_20191004063901

店内のいたるところには、旅人であろう客の「一言感想文」がずらり。

Dsc_8227

 

肝心の雲丹・・

 

Dsc_8225

痛風持ちじゃない幸せ・・・

Dsc_8226

大満足。

あとは早々に投宿。

 

| | コメント (0)

2019/09/30

2019年北海道ツーリング記 その4

小樽入港時のきれいな朝焼け。

Img_2923

晴れて来ました。

ウキウキ気分で走っています。

Img_2928

休止はThe北海道のコンビニで。

お隣のビッツのお客さんが静岡のご出身だそうで、暫しお国自慢にお付き合い。

Dsc_8222

 

 

 

| | コメント (0)

2019/09/27

2019年北海道ツーリング記 その3

船室へ。

Dsc_8200

出港前にさっさと風呂。

 

 

コインランドリーで洗濯。

ずっとむかし、苫小牧・大洗のフェリーに乗った時に完全に船酔いしたので、船室をそれなりにグレードあげたり、そもそも航路の選定が新潟・小樽。ってえのも太平洋航路よりは日本海航路のほうが揺れにくそうだから。

当時とは船も随分進化しているようで気になる揺れも殆どない。

船内うろうろしたり。

Img_2915

夕御飯。 列に並んで注文したおかずを取る。なんか社食を思い出したり。

Img_2916

秋田フェアとかで「ハタハタ」とかを食べる。今は希少種なんだってね。

フルートの演奏があったり、ビンゴ大会がかすりもしなかったり。

Dsc_8207

ちょっと横になると、直ぐに寝ちゃうんだけど、眠り浅いまま、何度も目が覚める。

Dsc_8213

Dsc_8216

 

Screenshot_20190630020925

 

 津軽海峡を越えた辺りから少ぉし揺れて、北海道の岸が見え始める。

定刻4:30小樽着。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年北海道ツーリング記 その2

6月29日

この日の自力移動は、新潟港からフェリーに乗船するだけ。

のんびりしてよいのだが、早朝に目が覚めたり。うだうだと時間を潰して朝食バイキング。

ごはんは魚沼産こしひかり。サーモン、海苔の佃煮が美味。

Dsc_8191
Dsc_8193

朝食後もチェックアウトまでのんびりと過ごす、ネットで動画見たり、朝ドラ見たり。

 

10:00頃から移動開始、コンビニで軽食を仕入れていざ港へ。

港湾内で小樽行きの場所が解らず、ぐるぐる。こういう時には、バイクがデカイのでちょっとだけ気が重くなる。

 

うろうろしつつ、待機列に並んで、お昼前にいざ乗船。

Dsc_8196 

 

オートバイ用甲板には、固定用?の結構太いチェーンが張ってあって、これを見ちゃうととっても怖い。

車輪取られて転倒・・・なんて脳内イメージができちゃったもんだから、件のチェーンのところを乗り越えられずに止まっちゃった。

 

サイドスタンド出して降りちゃおうと試みると、ちょうどチェーンが引っ掛かる位置。

誘導している船員さんは、そんなことお構いなしに停止位置を示してるし・・

片足ツンツンに泣きそうになりながら半クラッチでなんとか乗り切って、ようやく乗船完了。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/09/26

2019年北海道ツーリング記 その1

      6月28日

Dsc_81721

台風一過で雨あがる。通勤時間帯を避けて、長泉沼津から新東名へ、冨澤ICで降りてR52を北上。この辺はすっかり慣れた道中、ではある。

セルバみのぶ店で小休止、給水用のPETボトル水を補充。最近の夏場、熱中症対策にハイドレーションチューブを咥えながら走ることもあり。

Dsc_8174

 

六郷から、再び中部横断道へ、中央道、長野道を乗り継いで...

安曇野ICで下りて昼時のペレファカフェへ

Dsc_81761  Dsc_81781

やきそばいただいて、お客さんの女性陣と一緒に写真を撮り・・・

14:00過ぎ青木峠を越えるあたりからぱらぱらと雨が降り出す。

峠を下りきって給油。上田ICを目指す。

ここで本格的に雨。上着はゴアテックスだから平気なのだが流石にカッパ履かなきゃ・・・とセブンイレブンへ。

停めた途端に大振り(@_@;)

Screenshot_20190628153400

店員さんに「雨宿りさせてください」と告げ、暫く軒先を借りるも雨足は強まるばかり、そのうち雷までなりだした。

そうこうしていたら店員さんが「店内で」と言ってくれたので、お言葉に甘える。

10分、20分・・・雨雲レーダーを見れば、大雨の雲は去ったものの、上がるのは望めないようす。

 

16:00少し前、お礼をいって、カッパ履いて出発することにする。 すぐそばの上田インターから高速。

 

高速上がってからも雨は降っているのの、雨脚は然程でもなく、時々やんだり。新潟まで淡々と距離を重ねる。

大潟PAで小休止、この日のゴールもそう遠くない。

19:00ホテル着。 

バンケットのある立派な航空会社系ホテル・・

Dsc_81801

市街地からは離れているので、外にでるのもはばかられ、ルームサービスでカレーライスなんぞを食す。

 

Dsc_81851

 

 

| | コメント (0)

テスト

何年ぶりだ。

某キャンプ場で秋の空気を吸ってきた。

Img_20190926_103511

| | コメント (0)

2015/02/21

毎週恒例?

給油からの補給。Dsc_2464picsay


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/20

生存証明?

ずーっと更新滞ってますが。
色々状況変わってますが、なんとかやってまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«こまごまと。