« 希少車種 | トップページ | 車暦その13【Alfa Romeo Alfa147】 »

2004/06/09

車暦その12【Mercedes Benz 190E】の補足

車暦の更新が滞り気味ですが【笑】
「190E」この車については、まだ補足が必要です・・・・
なんといっても「ベンツさま」【爆】
購入時点で11年落ち!でしたが、それはたいしたもんでした。
何がたいしたもんかって・・・

それは、なんと言うか「すべての要素においての物理量の大きさ!」って言うことでしょうか?
もう少し平易な言い方をするならば、すべてにおいて(車側での)余裕度が大きいという言い方になるかな?
「最善か無か!」をその社是としていた、メルセデスは190Eによって変わってしまったということが言われますが・・
私にとっては、上述の社是が十分過ぎるほど理解できるものでした。

とにかく、スペックでは大したこと無いわけですが、きちんと対応すれば必要十分な力を発揮しましたし、一度スピードにのってしまえば、本当に安定していました。
その上とにかく「疲れない」んです!
 
あと、いわゆる「メルセデスライド」っていうのだと思いますが、道路の段差(ハーシュネスってやつですね)をこなす能力において、この車以上のものを私は知りません(もちろんメルセデスのもっと上級のものとかはそれ以上なのでしょうが)、走り出した途端に「道路が違うもの」(舗装状態がよいもの)に感じられるんです(^_^)

おそらく、この辺は、ダンパーとかブッシュ類が過剰品質的にキャパシティ持ってるのだろうなあ・・と感じさせてくれました。
そういうことは、コーナリングしてみても、長距離走ってみても一貫して感じさせてくれるものでした。
また、ジャッキアップすると、ダンパーのストロークが異常に多いので、いつまでたってもタイアが地面に着いたままなんてことでも感じさせてくれました。

インテリアも外装も、何の色気もなく、ステアリングはみょーに大径だし、メーターは土木機械のようなのですが、本当に高精度でよく出来た「機械」を操作しているという実感が常にありました。

実家に帰る際にもっとも疲労が少なく、(結果的に)アベレージスピードが高かったことが、裏づけていると思います。

一方で、旧い車ならではのトラブルも経験させてもらいました(^^♪

バッテリー上がりで、停止、再始動不可【泣】路肩に押す、なんて経験もしましたし・・・
(これは、最終的にオルタネータ修理になりました)

ウオーターポンプからの水漏れ
(これは、渋滞にはまっているときに、何か水温高めに気が付いて、帰宅後ボンネットを開けて、水位が下がっていることから、大事に至るまえに修理)

タイロッドエンドのがたによるステアリングの振動
(ジャッキアップして、ホイールのがたを発見)
など、車を所有して、自分で(もちろん実際の整備はお願いするわけですが)面倒みるという経験もつむことが出来ました。

|

« 希少車種 | トップページ | 車暦その13【Alfa Romeo Alfa147】 »

コメント

初めてお邪魔します。190Eに反応しました。

190Eは良いですね。私も6気筒の190E、2.6に12年間乗り続けています。仰有るように物理量の余裕を感じます。機械としての良質さ・凄味のある過剰品質感は民生品のレベルを超えている感じです。消耗品やお約束ポイントを中心として、整備にもお金と手間をとられるようになってきましたが、手放せません。デザインも秀逸ですし、現代に通用する実用性も健在で、毎日、感心させられます。国産5ナンバー枠のサイズでこの品質感。小さな高級車(高品質車)。国内外を含め、もう企画されることは無いコンセプトかもしれないですね。

投稿: 迷亭 | 2004/07/03 09:03

迷亭さん
コメントありがとうございます。
12年ってことは新車からでしょうか?
190E本当によく出来てます(^^♪
仰るように今後絶対に企画されない、メルセデスにとっても転換するための過渡期における過剰な一品だったと思います。

本当であれば、少しづつ手をいれながら、長く持ち続けるのがもっともふさわしい使い方だと思ってます。

私の場合、こらえ性がないために、解っているのにAlfaなんかにいっちゃったわけですが【爆】

ある意味メルセデスとは対極にあるような車なんですが非常に気に入っております。

投稿: Komi | 2004/07/04 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32449/740983

この記事へのトラックバック一覧です: 車暦その12【Mercedes Benz 190E】の補足:

« 希少車種 | トップページ | 車暦その13【Alfa Romeo Alfa147】 »