« 天城越えTTD | トップページ | Good wood Festival of Speed »

2005/05/18

拝啓FIA会長殿

当方、「東洋の日出ずる国」より、貴協会統治下にて開催されている「Formura One」レースについて、多大なる注目をもっている、一ファンであります。

とりわけ、今期においては、レギュレーション改定、若手ドライバーの輩出と注目すべき点が多々あり、実際のレースにおいても、近年稀なる好レースが見られるシーズンであると、今シーズンの今後を注目しております。

そんななか、先のサンマリノGPにおけるB.A.R Hondaチームの最低重量違反に拠る2レース出場停止という決定がなされました。

実際、解釈の仕方により、ジェンソンバトン選手の車両は、「軽かった」とうこととなっております。
しかしながら、長い「Formura One」の歴史においては、テクニカルレギュレーションとその解釈の仕方、によって車両側の技術が向上し、今日に至る「Formura Oneは最高格式」という位置を確立してきたものと考えております。

一方、歴史の積み重ねで、「最高格式」といえば、なんといっても「伝統のモナコGP」を外すことはできないと思います。

この「伝統のモナコ」に本来であれば、グリッドを埋めるはずであった1コンストラクターがペナルティによって出場できないという事態は、まことに異常な事態と考えており、貴協会の「Formura Oneの歴史と将来」についての見識について、いささか疑念を抱かざるをえないと考え、駄文をしたためた次第です。

「Formura One」の今後ますますの隆盛と繁栄を鑑みた場合、B.A.R Hondaチームへのペナルティについて、今一度御再考いただき、寛容な裁定を望むものであります。


ってな(いわゆる抗議文ですな・・・)FIAに送りつけたろかいな・・・

と思うのですが・・・いかんせん英語力が~~~~~

|

« 天城越えTTD | トップページ | Good wood Festival of Speed »

コメント

本当にモナコ寂しいです・・・・
こんな寂しいF1があっていいのでしょうか・・涙

投稿: ひよこ | 2005/05/20 22:59

>ひよこさま
コメントありがとうございますm(__)m

・・・本当にねえ・・・

もうこうなったら、次戦ヨーロッパGP以降BARの起死回生の1-2フィニッシュの連続!とか期待したいものですが、もうなにをやっても「お上」に目をつけられちゃったんで、「いじめ」にあってしまうシーズンになりそうな予感も(-_-;)・・・

チーム関係者の落胆とやりきれない思いはとても量りきれないですが、

昔っから、強くなるといじめにあってしまう「Honda」であり、それを跳ね返して勝ち上がる「Honda」でもありましたから、何とか盛り返して欲しいものです。

投稿: komi | 2005/05/21 03:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32449/4176203

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓FIA会長殿:

» 見放したろかぃっ!!>FIA [1sugi's ToyBox]
とっちらかったアタマで、「TTD報告の作文せにゃなぁ・・・でも意味不明文しか書け [続きを読む]

受信: 2005/05/18 12:02

« 天城越えTTD | トップページ | Good wood Festival of Speed »