« 晴れ間に | トップページ | 兄弟姉妹 »

2009/06/11

こういう対比も・・・

Dpp_289

プリウス VS インサイト


このご時世に、世界中を見回しても「売れてるクルマ」の最右翼なんじゃないかと思いますが。
話のタネに両者を試乗してみました。


すでにいろいろなところで言われていることなんでしょうけど。似たような価格帯のハイブリッド車ということでは共通するのですが、乗ってみると意外なほど差がありますね。


インサイトの方が「内燃機関動力の乗り物」感がはるかに高いです。

シフトレバーの作りとかも普通ですし、従来のガソリンエンジン自動車からの違和感が少ないのはインサイトですね。


まぁ逆説的にはプリウスのほうが「よりハイブリッドらしい」ともいえるわけですが・・・
これらのクルマが、あんな値付けで、さらに減税措置やらなにやら考えると、他が売れないというのがよくわかります。

|

« 晴れ間に | トップページ | 兄弟姉妹 »

コメント

クルマに関しては【速い方がエライ】という環境でオトナになってきましたので、ハイブリッドを受け入れるには10年くらいかかりましたねぇ。汗。

加えて、体力や視力などの低下を(気のせいではなく)完璧に自覚する年齢になってきましたので、速さ以外でクルマを評価する基準が必要になってきた今日この頃です。(^_^;)

そういう意味でも、「内燃機関動力の乗り物」を脱しつつあるプリウスに、1票入れたくなります。
更にそういう意味では、数年後の「ホンダの逆襲」にも大いに期待がかかりますね。

投稿: まさそり | 2009/06/11 21:42

プリウスの初代が12万km、2代目は22万km以上走らせました。
とても良くできた車だと思います。
まだ3代目は乗ってませんが、その進化を実感してみたいです。
最近のトヨタ車のATは、動き始めの鈍さがとても気になるのですが、プリウスは逆にグイっと動き始める感覚は好きです。

投稿: さとし | 2009/06/11 23:20

そのインサイトとプリウスの乗車感の違いは、その設計思想の違いから来ているからなのでしょうね?

インサイトはカーズのような(?笑)内燃機関の補助的な位置付けで、プリウスはほぼ両輪的な位置付け

個人的にはプリウスに1票かな…

投稿: ワープロッタ | 2009/06/12 06:19

売れているということは「手が届く」範囲に入っているからなんでしょうね.さすがにiMiEVなんかは,本気で買うつもりにはなりにくい(笑).

シャープの電球型LED照明は洒落でひとつ買ってみようか・・なんて思いますが,いちばん高いのは8CG.電球なのにリモコン付きで,明るさと照明色を変えられるらしい.リモコンで電球を操作するってどーなんでしょ(笑).

投稿: akira isida | 2009/06/13 03:32

>まさそりさん

視力、体力、財力・・・等々衰えっぱなしのワタシですが (笑)

いろんな事情があってのことなんでしょうけれども、世の中のほとんどの人にハイブリッドを「受け入れさせた」プリウスの力は改めて凄いと思います。

ここでは、あえてその間のHondaのハイブリッドについては言及をしません、やっぱりハイブリッド=プリウスの功績は多大だと思ってます。

試乗の限りでは「新しい感覚」はプリウスのほうに分があると感じましたが、新鮮さを感じ続けられるか?
というのはワタシには難しいかも知れません。

ちょっと独特の「空走感」とか、接地感の希薄さも感じてしまいました。

「静かで、すーっと」走るという点では申し分ないのですけどね。


投稿: komi | 2009/06/13 09:17

>さとしさん

初代、2代目をそれだけの距離乗っていると完全に「元」取ってますね。

燃費性能は尋常じゃないですから実用道具としての乗用車と考えると、とんでもなく良く出来た道具ですよね。

発進時の力強さというのも「モーター駆動」ならではの高トルクによるのでしょうね。

投稿: komi | 2009/06/13 09:22

>ワープロッタさん

設計思想・・・

でしょうね。各々一長一短なんでしょうけど。
Honda式は構造のシンプルさからくる「コストメリット」を、一方のToyota式は「エンジニアリングの理想形」が軸になってるような気がします。

ここら辺が古くからの両社のイメージと逆転している感もあるのですがネ・・・

でHondaがインサイトのKick-offで「低コスト」を強く打ち出したために、対するToyotaは「企業力」でもって価格でも対抗してしまったという顛末かと。

正直プリウスのあの値付けはかなりきわどい「反則技」なんじゃないかとも思います。

投稿: komi | 2009/06/13 09:29

>akira ishidaさん

仰るように「価格も含めて」「特別なもの」ではなくなってるんでしょうね。

実際(あくまでも話の種に)見積もりしてもらいましたが。十分納得のいく価格。

これなら、あとはガソリン代が少なくて済む分「回収」できるなぁ・・・

って頭をよぎりましたからねぇ(^^ゞ


いずれ「内燃機関」も「白熱電球」も「過去を懐かしむもの」になるのでしょうね・・・

・・・以外に「静かに速く」

投稿: komi | 2009/06/13 09:39

プリウスは初代のみ試乗経験有りです。
発売直後でしたが、その独特の感覚に興奮したことをいまだに覚えています。
加速時のモーター音、そして減速時の回生音に「電車だ、V車だっ!!」と、妙なところにも反応してましたが(^^;。
2代目スタイル、サイズ共にあまり興味を惹かれなかったんですが、新型は素直に格好いいと思います。
現行のトヨタ/レクサスの中ではISと並ぶグットスタイルだと感じました。
操作系も割り切った感じがあって潔いよいのではないかと。
でも、買うかといわれると、今のワタシの生活には大きいかなぁ・・・。

投稿: nan | 2009/06/13 13:02

>nanさん

「初代」を試乗されてますかぁ・・・
ワタシの場合「初代」のみ未経験です。

最も試乗のみですけどね(笑)
2代目、3代目の試乗経験からですが、独特の感覚は(多分)受け継いでいるのだろうと思います。

モーター音、回生音などは、そうとう抑え込んでいるようですし、普通のガソリン車との差異もわずかになっていますけど。。。。

ワタシも「買うか?」と言われるとそれは又別な話で(^^ゞ


今はまだ上市して間もないですけど、あっという間に街じゅうにプリウスがあふれることはわかってますしねぇ。

燃費がいいのも、実用道具としてよく出来ているのも解っていて、まだまだそこまで割り切れないのであります(笑)

投稿: komi | 2009/06/13 13:31

komiさん

 エンジニアリングの理想は,HondaにはFCXクラリティーがありますから.ハイブリッドは「つなぎ」と割り切っている節がありますねえ.

nanさん

 来年にはアレが出ますし.CR-Xが初めてCR-Zで終わるというのも,粋ではないでしょうか(笑).

投稿: akira isida | 2009/06/13 14:18

>akira ishidaさん

確かにHondaは「ハイブリッド」を割り切っているところはありますね。
そういう意味ではガソリンエンジンの可能性をまだ捨てきっていないとも言えるのかもしれません。

>>来年出るアレ・・・

の方が正当なインサイト後継なのかも知れないですね。

投稿: komi | 2009/06/13 19:19

>isidaさん
>CR-Xが初めてCR-Zで終わる
そういう話もありますが、生まれて初めて自腹を切ったクルマはTE71レビンだったので、今度出るといわれているトヨタ/富士重のFRスポーツを買うと、トヨタ製FRスポーツを振り出しと上がりにできそうです(笑)。

ちなみ出るといわれているもので興味があるのは、
・RX-7後継車(ホントに出るのか!?)
・インフィニティ・エッセンス(出ても買えない(笑))
・iQスポーツ(多分買える、と思う(^_^;))
・トヨタ/富士重のFR(おそらく買える、よね>自分(^_^;))
・CR-Z(実際見ると、どうなんでしょうか、あの形)
そんなトコですかね。

投稿: nan | 2009/06/23 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32449/45306594

この記事へのトラックバック一覧です: こういう対比も・・・:

« 晴れ間に | トップページ | 兄弟姉妹 »