« ラテン車の会朝の会 | トップページ | クルマのある風景【その21】 »

2010/03/19

気になるクルマに乗ってみた。

今日は、外せない家事雑事がありまして、お休みをいただきました。
件の家事が済んだあとに、平日じゃないと出来ないでいた、某自動車雑誌倶楽部の会費を収めに郵便局に出向いたり・・・

この際だから、気になってたクルマの試乗でもしてみようカナ・・・っと。

Img_2274s

まずは、先日見に行ったものの試乗が叶わなかったCR-Z
今日は平日ですしね、こないだとは別なお店に出向いてみましたよ・・・

もちろん今時の日本車、しかも最新のハイブリッドモデルなんですから、コレといって具合の悪いところもないですね。インパネが子どもっぽいとかいう向きもある様ですが、ま、これはこれで、そういうもんだと思えば許容範囲かなと思いましたです。
走行性能のほうは1.5Lエンジンを「電気ターボ」にして2L並みの動力性能・・・ってところでしょうか?
CVTモデルだったので、久しぶりに「パドルシフト」してみたりもしました。

笑っちゃったというか、いかにもいまどき日本車と思ったのは、装着されてた純正カーナビ。
「この先カーブです」とかしゃべるんですよ。ウチの近所なんか、ちょっと裏道に入ったらそんなんばっかですってば(笑)

で、さらにはこのナビ、燃費履歴なんぞも「読み上げ」してくださるようで・・・
「3月16日の燃費は12.5Km/Lでした」とかいう訳よ。

ん、12Km/L程度かい・・・ワタシのイプシロンと変わらんではないか。
試乗車で近距離だけ走ってるんだろうし、クルマの性格から、皆さんそれなりに「踏んでる」でしょうから、「動力性能比で考えたら相当いい」ってことなんでしょうけどね。

Img_2271s

こういうものは、時間が出来た時の勢いじゃないと億劫なので、この際気になってるのをもう一台

Img_2272s

ルーテシアRSです。
「減税措置」とかあるから直接比較にはならないけれども、価格帯としてはCR-Zフルオプションにしたら、かぶってきますよね。


で、これがなかなか良かったのですよ。低速からしっかりトルクもあるし、それだけじゃなく気持ちよく回ってくれるし。6MTのシフトフィールもいがいとカチッとしていていい感じ。

ルノーの「RS」って「先代ルーテシア」や「メガーヌ」いずれも好印象なんですよ。もちろん、チョイ乗り試乗のみの印象ですが・・・

「どっちが好みだったか?」・・・・
ってのは「察してください」ね。


|

« ラテン車の会朝の会 | トップページ | クルマのある風景【その21】 »

コメント

察するトコロ、「mixiのハンドルが短くなる」ってぇ、トコでしょうかねぇ(笑)。
初代インサイトZE1のヒラヒラ感はないだろうし、パワーはある様に感じるけど…「官能」は薄そうだし…。
伊達に「RS」はつけてませんゼ、というトコロでしょうか(笑)。
個人的にはVWのTDIエンジンを積んだスイフト・スポーツが出ないかな~と思っている所です。

投稿: かず | 2010/03/19 18:31

>かずさん
mixiのハンドルは、まだ変えませんぜ(笑)
CR-Z パワーはある様に・・・
っていうよりも気づいたら結構な速度が・・・って印象です。こういうのって最近多いように思います、プリウスもそうだったし・・・

速度計がデジタルだからってのもあるかも知れないけど。

なんだかんだいって、自分のクルマの良いところも改めて見えましたしね。

投稿: Komi | 2010/03/19 19:35

シトロエンのDS3も予約受付が始まったみたいですね.Renaultも夏にはカングーの短いのとか入るようだし,今年はフランス勢の勢いがあるようです.

日本市場でミニやFiat500が受けているのに気付いて,キャラクターの強いクルマを持ってくるようになったんでしょうね.問題はそれを買っているのが中高年ばかりということでしょうか.

投稿: akira isida | 2010/03/20 21:28

>akira ishidaさん

>>中高年ばかり・・・
件のCR-Zも主要ターゲットはそこら辺のようですし。

「実用以外の付加価値」をクルマに求めなくなってきてるのでしょうね。

実際クルマを取り巻く環境は、どんどん厳しくなってることも感じますしねぇ。

投稿: Komi | 2010/03/20 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32449/47851814

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるクルマに乗ってみた。:

« ラテン車の会朝の会 | トップページ | クルマのある風景【その21】 »